So-net無料ブログ作成
検索選択

偶然の音楽 [ ** 本や音楽など]

三軒茶屋にある世田谷パブリックシアターで、『偶然の音楽』を観てきました。

出演:仲村トオル、田中圭ほか
演出:白井晃
原作:ポール・オースター

以前仲村トオルさんと小栗旬さんが出演していたものの再演です。
少し前に「ホームレス中学生」のドラマを観てからというもの、田中圭さんがどうしても気になってチケットを取りました。

あらすじ
妻に去られたナッシュに、突然、行方知れずだった父親から遺産が転がり込んだ。
その遺産で新車の赤いサーブを買うと、あとはすべてを捨てて目的のない放浪の旅に出た彼は、クラシック音楽を聴きながら、まる一年アメリカ全土を走り回り、“十三ヵ月目に入って三日目”に、謎の若者ポッツィと出会った。
“望みのないものにしか興味の持てない”男ナッシュは、この博打の天才ポッツィに出会って、自分の旅を終わらせようとする。宝くじで一躍大富豪となった二人の男を相手に、ポッツィと共にポーカーで一山当てようと目論んだのだ。
しかし、そこにはただ毎日石を運ぶだけの生活が待っていた……。


ブロックを積み重ねたような縦長の舞台で、セットはシンプルな椅子テーブルとちょっとした小物だけ。
舞台上を歩きまわる人や照明を使って、時間の流れや空間の変化をつけていて、とてもおもしろい演出だと思いました。
キャラメルボックスを観に行った時も同じような表現方法があったんですが、演出の方が同じ早稲田出身みたいで、そういうのって関係があるのかな?

内容としてはちょっと混乱しています。
??でいっぱいで、観終わった後もなぞだらけです。
全体的な雰囲気としては、ナッシュが静かに狂っていくような、それとも最初からだったのか、
くら~くておも~い雰囲気だったんですが、約2時間飽きずに観ることができました。
そして期待通り、田中圭さんもとってもよかった。
以前小栗旬さんも演じていたということで、最初のうちは旬さんはこう演じそう・・・と思いつつ観ていたのですが、途中から全然気にならずすっかりポッツィになっていました。
もしまた彼の舞台があるなら観てみたいです。


三軒茶屋のおいしいパン屋さん⇒こちら。
nice!(5)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

nice! 5

コメント 5

あやっぴぃ

面白そうな舞台ですね。
お話を読んでいても不思議な雰囲気です。
by あやっぴぃ (2008-09-26 13:12) 

なお

あやっぴぃ さん、ありがとうございます☆
私があやっぴぃ さんだったら素敵なレポートができるのに~!と思います。
あまりに?だったので、図書館で原作本を借りてきて今読んでいるところです^^
by なお (2008-09-27 21:23) 

なお

ランランラン太郎さん、ご訪問&nice!ありがとうございます☆


by なお (2008-09-27 21:23) 

なお

xml_xslさん、nice!ありがとうございます☆
by なお (2008-09-27 21:24) 

なお

chi-さん、nice!ありがとうございます☆
by なお (2008-10-02 13:40) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。