So-net無料ブログ作成

ジェーン・エア [ ** 本や音楽など]

名古屋歌舞伎ツアー翌日のこと。

こちらも同じ友人から誘ってもらった、松たか子主演ミュージカル『ジェーン・エア』

flier_s.jpg

今年のシルバーウィーク=観劇ウィークです。



≪STORY≫ ~HPより~
両親を病気で亡くしたジェーン・エアは寄宿学校に預けられる。
劣悪な環境の学校で教師の虐待や親友の死に耐えて成長し、やがて自立の志を持った彼女は教師の資格を得て、地方の富豪の邸に家庭教師として赴任する。
邸の主人、ロチェスターの謎めいた挙動に不審を感じながらも少しずつ彼に魅かれていくジェーン・エア。
身分の違いゆえに苦しむ彼女だったが、二人はやがて行き違いを乗り越えて結婚を誓う。
しかしその時、隠されていたロチェスターの過去が暴かれる。。。

日生劇場での上演だったのですが、松たか子さんが大好きで、今回2度目の観劇という彼女からもらったチケットは、、、ステージプレミアシート!
なんと親密感を高めるために舞台上に設置された席の最前列でした~。

舞台上の特設席ということで、最初は後ろ側からの演技を観るという感じだったのですが、役者さん達がとにかく近くて、いつの間にやら自分もストーリーの中にいるかのような錯覚が。

ナレーションも兼ねているので、松たか子さんはずっと舞台の上にいて、メインで演技をしていない時の表情やしぐさなどもすっかりジェーンで、原作を知らずに行ったのですが、その凛としたたたずまいや声、表情など、松たか子さんが演じるのにぴったりの役で、派手さはないけれどとてもいい作品だな思いました。

ジェーンの子供時代の子役さんも歌も演技もとても上手で、松たか子さんとのデュエットは特によかったです。
残念だったのは、ロチェスターの橋本さんと松さんのデュエット。
2人とも迫力がありすぎて、席が近すぎて台詞が聞き取れない[あせあせ(飛び散る汗)]
それぞれの歌をしっかり聞きたかったなぁ。


観劇ウィーク、ラストは森山未来さんの『ネジと紙幣』へ続く~。
nice!(6)  コメント(1) 
共通テーマ:演劇

nice! 6

コメント 1

horime

コメントするのお久しぶりです♪
お兄さんのお嫁の友です

松たか子・・・大好きというわけじゃないんだけど、
画面に出てるとつい見ちゃう。
凛として清楚でいいですよね。

勝手ながら私のブログの
お気に入り・よく見るページに
リンクさせていただきました♪
by horime (2009-09-27 23:52) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。